追尾型バナーを簡単に設定できるプラグイン「Standard Widget Extensions」

Standard Widget Extensions

画面のスクロールに併せてサイドバーのコンテンツをスクロールさせ、訪問者に見せたいコンテンツを常に画面に表示させる。

ある程度知識があれば自身で設定もできるのですが、意外と難しいのも事実です。しかし、ワードプレスならプラグイン「Standard Widget Extensions」を使うだけで簡単に追尾型バナーの設定が可能です。

 

設定方法

まずはプラグインをインストールします。

ワードプレスの管理画面「プラグイン」から「新規追加」を選択。検索窓に「Standard Widget Extensions」と入力し、検索します。

Standard Widget Extensions

 

「Standard Widget Extensions」が一番上に表示されると思うので、「いますぐインストール」をクリック。

Standard Widget Extensions

 

これでインストールは完了。忘れず有効化は行っておきましょう。

 

次は設定ですね。

「Standard Widget Extensions」をインストールすると、「設定」の中に「Standard WE」という項目が追加されるので、こちらをクリック。

Standard Widget Extensions

 

設定画面が表示されるので、以下の「メインカラムのID」と「サイドバーのID」を設定します。

Standard Widget Extensions

 

このID設定さえ完了してしまえば設定は完了。サイドバーの自動追尾が可能になります。

 

ただ、メインカラムID、サイドバーIDは使用しているテーマによって異なります。ですのでここでは賢威のテーマ(6.1 コーポレート)を例に、IDの設定を解説します。

 

賢威の場合のID設定

メインカラムのIDは「外観」→「テーマ編集」→「単一記事の投稿(single.php)」を確認。

Standard Widget Extensions

 

「▽メインコンテンツ」と書かれたテキストの下の行、<div id=”main-contents”>がメインカラムのIDにあたります。つまり今回は「main-contents」がメインカラムのIDですね。

 

サイドバーのIDは「外観」→「テーマ編集」→「サイドバー (sidebar.php)」を確認。

Standard Widget Extensions

結構下の方に記載がありました。「dl id=”sidebar”」という部分ですね。つまりサイドバーIDは「sidbar」となります。

 

この二つを「Standard Widget Extensions」に設定します。以下のような感じですね。

Standard Widget Extensions

 

あとは、以下の項目が「有効」になっていることを確認し、「変更を保存」をクリックすれば完了です。

Standard Widget Extensions

 

以上の設定で、サイドバーが画面のスクロールを追尾してくれるようになります。

 

ちなみにこのブログもこの設定でサイドバーが追尾するようになっていますので、画面をスクロールしてもらうとサイドバーがどのように動くのか確認できます。

 

上手く設定できない場合はおそらくIDの設定をミスしている可能性が高いので、もう一度IDを確認してみて下さい。似たような記載があったりするのでお間違え無く。

 

継続的に稼ぐサイトを作るためのたった2つのポイントとは?

 

secret

メルマガ登録で極秘セミナー動画プレゼント中!

継続的に稼ぐサイトを作るためのポイントをまとめた極秘セミナー動画をプレゼント!たった2つのポイントさえ押さえておけば成果の上がるサイトは作れます。