ワードプレスの保護パスワードを一括変更できるプラグイン「Replace Protected Password」の使い方

ワードプレス

こんにちはZIGです。

ここではワードプレスで複数記事に設定した保護パスワードを一括で変更できるプラグイン「Replace Protected Password」の使い方を解説します。

ワードプレスは記事毎にパスワードを設定して閲覧制限をかけられるわけですが、そういう記事が増えてくるとパスワードの変更も結構手間ですよね。

1記事1記事編集画面を開いて保護パスワードを変更して更新をクリックして・・・

なんてやってたらめんどくさくて仕方ありません。

「Replace Protected Password」はそんなわずらわしさを解消してくれます。

Replace Protected Passwordのインストール&有効化

「Replace Protected Password」はワードプレスの管理画面「プラグイン」⇒「新規追加」から追加が可能です。

 

新規追加画面の検索窓に「Replace Protected Password」と入力すると・・・

プラグインの検索

 

以下のプラグインが表示されるのでインストールします。

Replace Protected Passwordの有効化

インストール後は忘れず有効化もしておきましょう。

 

「Replace Protected Password」は細かな設定項目がないのでこれで使用準備完了です。

 

Replace Protected Passwordで保護パスワードを一括変更する手順

プラグインを有効化すると「設定」の中に「Replace Protected Password」が表示されるのでこちらをクリックします。

管理画面でReplace Protected Passwordを選択

 

項目は以下の2つのみ。

Replace Protected Passwordの設定画面

まず「現在のパスワード」から変更したいパスワードを選択しましょう。

 

ブログ内で複数の保護パスワードを設定している場合は以下のように複数のパスワードが表示されます。

現在のパスワードを選択

各パスワードの後ろの括弧と数字はそのパスワードが設定されている記事の数ですね。

 

今回は例として24記事に設定されている保護パスワードの方を変更します。

新しいパスワードを入力する

「現在のパスワード」を選択したら「新しいパスワード」を入力。

その後「更新」をクリックですね。

 

「パスワードを更新しました」と表示されたら更新完了。

パスワード変更完了画面

これで24記事に設定されている保護パスワードが全て新しいものに変更されました。

 

ワンクリックで変更が完了するので1記事ずつ変更するよりもはるかに手っ取り早いですね。

 

【補足】サイト全体にパスワードを設定したいなら「Password Protected」がおすすめ

ちなみにすべての記事に閲覧制限をかけたい、つまりサイト全体にパスワードを設定したいなら保護パスワードを使うのではなく「Password Protected」プラグインを使う方が便利です。

「Password Protected」なら一つのパスワードでサイト全体にパスワードを設定でき、変更も簡単。基本的に非公開のブログならこちらを使う方が良いでしょう。

一部の記事のみ閲覧制限を賭けたいなら保護パスワード&「Replace Protected Password」プラグイン。

サイト全体に閲覧制限を賭けたいなら「Password Protected」プラグインという感じで使い分けるといいですね。

 

まとめ

というわけでプラグイン「Replace Protected Password」の使い方を解説しました。

ワードプレス内で複数の記事に保護パスワードを設定してる、そしてその保護パスワードが全て同じなら「Replace Protected Password」プラグインは非常におすすめ。

パスワード変更のわずらわしさを一瞬で解消してます。

なので保護パスワードをよく使う方はぜひ活用してください。