【画像加工】簡単に画像に枠線を付ける方法まとめ

アフィリエイト全般

サイト上に掲載する画像に枠線を付けたいと思う事、結構ありますよね。

いくつか方法がありますので、ここではまとめてご紹介します。

 

Jtrimを使う

Jtrimは無料で使える画像加工ツール。機能もいろいろあって便利なので画像加工ツールをお持ちでない場合はインストールしておくと便利です。

ダウンロードはこちら

Jtrimを起動すると以下のような画面が表示されるので、左上の「開く」ボタンをクリックし、加工したい画像を選択します。

Jtrim

 

直接画像をドラッグ&ドロップしてもOKです。

Jtrim

 

次に「余白作成」ボタンをクリック。

Jtrim

 

ウィンドウが開きますので、「余白」と「余白の色」の項目を編集します。

Jtrim
  • 余白:枠線の幅(ピクセル)
  • 余白の色:枠線の色

 

上記の図では枠線の太さが1ピクセル、色は黒で設定されています。

編集したら「OK」をクリックしましょう。

これで画像に枠線が追加されます。

 

太い枠線を付けたい場合は「余白」の数字を大きくすれば枠線が太くなりますし、枠線の色を変えたい場合は「余白の色」を編集してください。

 

バナー工房を使う

バナー工房は画像に様々な加工を施すことができるサイト。

バナー工房
バナー工房

 

トップページの「編集処理機能」という項目の中から「枠線」をクリックします。

バナー工房

 

「ファイルを選択」をクリックし、編集したい画像を選択。その後「画像を加工」をクリックします。

バナー工房

 

画像が表示され、枠線を編集する項目が表示されますので、ここで枠線の色や太さを設定します。

バナー工房

 

太さと色を指定し、「枠線追加」をクリックすると枠線のプレビューが表示されます。

バナー工房

 

枠線の設定が完了したら、プレビュー画面の右上の方にダウンロードボタンがありますので、こちらをクリックして画像をダウンロードします。

バナー工房

 

Photoshop(フォトショップ)を使う

以外にやり方を知らない方も多いですが、もしお持ちならPhotoshopでも簡単に枠線を付けることが可能です。

 

まずPhotoshopで画像を開き「選択範囲→すべてを選択」をクリック。

Photoshop

 

次に「編集→境界線を描く」をクリック。

Photoshop

 

すると以下のウィンドウが表示されますので、境界線の太さと色を決定します。

Photoshop
  • 幅(W):境界線の太さ
  • カラー:境界線の色

 

設定が完了したら「OK」をクリック。これで画像に境界線が入ります。

 

このように様々な手段で簡単に境界線を入れることが可能です。Photoshopをお持ちでない方はJtrimやバナー工房を利用するのが手軽でオススメですね。