【キーワード選定ツールももんが機能比較】試用版と製品版でどれだけ違う?

ももんが アフィリエイト全般

利用している方も多いキーワード選定ツール「ももんが」

このツールには試用版もあるので、気になる方はまず試用版を使ってみると良いでしょう。ここでは試用版と製品版の機能をまとめます。

 

試用版・製品版比較表

機能 ももんが試用版 ももんが製品版
関連ワード取得機能 楽天市場サジェストワード
Yahooのサジェストワード
楽天市場サジェストワード
Amazonサジェストワード
Yahooショッピングのサジェストワード
Yahooオークションのサジェストワード
Googleのサジェストワード
Yahooのサジェストワード
Bingのサジェストワード
Yahoo関連検索ワード(最大10件)
トレンドワード取得機能 Yahoo!急上昇ワード Googleトレンド
Yahoo!急上昇ワード
gooウェブ検索 急上昇ランキング(総合)
キーワード詳細確認機能 Yahoo
楽天市場
Google
Yahoo
Bing
goo
Yahooリアルタイム検索
Yahoo(Allintitle検索)
楽天アフィリエイト
Amazon
Yahooショッピング
Yahooオークション
@コスメ
楽天トラベル
楽天市場
Googleニュース
Wikipedia
知恵袋
楽天レビュー
Google Insights for Search
キーワード絞り込み機能 単語数(複合ワード数)
広告数
ページ数
ねらい目度
単語数(複合ワード数)
競合数
広告数
ページ数
CSV保存 不可

ご覧いただくと分かるように、試用版ではそれぞれの機能で制限が設けられています。

 

ももんがの最も特徴的な機能であるサジェストワードの取得やキーワード毎の競合数(allintitle:検索)の調査、キーワード毎のねらい目度を算出する絞り込み機能は製品版でのみ使用可能という形ですね(楽天市場・Yahooサジェストワードは試用版でも取得可能)。

しかし試用版でもそれぞれの機能は利用できますし、使用期限もないのである程度の作業効率化は可能ですし、実際に使ってみると製品版のイメージもしやすいでしょう。

ももんがに興味を持たれている方は一度試用版をご利用になってみて下さい。